変革する現代の居酒屋

変革する現代の居酒屋

最近の日本では古くからあった居酒屋という飲食店業態を現代版にリノベーションした飲食店が流行っています。

 

人類は古代から食べ物と同時にアルコール飲料を飲むことを知っていたようです。

 

 

 

古代ローマ時代には映画などに出てくるように晩餐会などで豪華な料理とともにワインなどを飲んでいたという事実があります。

 

日本での居酒屋という形態は室町時代から安土桃山時代のころにはすでに有ったようですが幕末に勤皇の志士達が京都で酒を酌み交わしていたのも「煮売り屋」という小料理と酒を売る居酒屋でした。

 

このような習慣は現代でも変わらずに続いていて、仕事が終わったら仲間たちと居酒屋で一杯飲むという行為は昔と同じように人気があります。

 

蔵之助‐kuranosuke‐ 豊橋店

 

レストラン等の飲食店と居酒屋の決定的な違いは、居酒屋ではお酒類をメインにしていて料理はあります酒を飲むための道具にすぎないというところにあります。

 

とにかく「仲間たちと楽しく酒を飲みたい!」・・という気持ちが優先していますので料理は二の次になります。

 

 

 

一方のレストランではイタリアンとか懐石料理、寿司などと「美味しい料理を食べたい!」ということがメインですから酒類は料理を美味しくするための脇役になります。

 

しかし、現在の居酒屋は発展していて料理だけを目的に出かける人も多くいます。

 

専門のレストランや和食店等にも負けない料理も提供できますし、古いタイプの居酒屋と比べて内装やサービスも一流のレストランに負けないものを持っています。