タッチパネルで注文

タッチパネルで注文

店を経営するにあたって最も経費がかかるのが人件費です。
今居酒屋はどこのお店も競争が激しいので、売り上げを維持するのに必死です。
しかし人件費を削ろうとしてしまうと、少人数のスタッフでお店を切り盛りすることになるため、
スタッフ一人当たりの負担が大きくなりますし、
お客様のニーズに十分こたえることが難しくなってきます。
そこで人件費を削減するための策として導入されたのがタッチパネル方式のオーダー方法です。

 

通常居酒屋でオーダーをするときは店員さんを呼んで欲しい品物をオーダーするのが一般的なやり方でした。
このオーダー方式だと店員さんはオーダーを聞きに行く、
オーダーを厨房に伝える、出来上がった料理やお酒を持っていく仕事をこなさなくてはいけません。
その点タッチパネル方式ならダイレクトに厨房に注文を届けることができますので、
店員さんは出来上がった物を運んでいくだけで済むようになります。
このように仕事を効率化することによって、
多くの人員を必要とすることがなくなったためそれが人件費の削減効果を生んだのです。
またタッチパネル方式にすることによってお客様も注文がしやすくなるというメリットが得られます。
店員さんを何度も呼ぶのが悪いと思うと注文はまとめてやった方がいいと考えてしまいます。
しかし店員さんを呼んでも忙しいとなかなか注文を取りに来てくれるまで時間がかかったりします。
タッチパネルなら気兼ねなく自分の好きなタイミングで注文ができるのでお客にとってもメリットが大きいのです。