居酒屋ランチ営業のメリット

居酒屋ランチ営業のメリット

居酒屋は水商売と呼ばれるように、お酒を多く出すことによって利益を得ています。
料理の原価率と比べるとお酒の原価率はとても低く、
お酒を出す量が増えれば増えるほどに居酒屋は利益を上げることができるという仕組みになっています。
しかしなぜか最近居酒屋でもランチ営業を始めるお店が増えてきています。
ランチではまだ皆さん仕事をしている時間帯ということもあり、
利益を生み出すお酒のオーダーが入ることはほとんどありません。
しかも居酒屋で提供しているランチメニューはボリュームがあってコスパが良いと評判が高いのです。
またランチ営業を始めることによって人件費などのコストが別でかかってきてしまいます。
そうなると居酒屋はランチ営業をして本当に利益が出ているのかちょっと心配にもなりますが、
実際のところどうなのでしょうか。それほど利益が上がらなそうな居酒屋のランチ営業ですが、実はメリットがあるのです。
まず気になる人件費の面ですが、
たとえ夜の営業だけに限っている居酒屋でも仕込みのために従業員をある程度早めに出社させる必要が出てきます。
そういった早く出てきた人員を有効活用することによってランチ営業をすることが可能になるのです。
また夜の営業で仕入れた食材の一部をランチのメニューに有効活用できるようになるため、
食品のロスが減り余分な費用がかからなくなります。
合わせて店の知名度を上げるのにも役立ちます。

ランチで利用してみて印象がよかった、美味しかったと思ってもらえると夜にも来店してくれる可能性が高くなるからです。