雇用の質

雇用の質

雇用の質と言って思いつくのは、店員の第一印象ですよね。お店に入って店員見た目が悪ければ、店の印象も悪くなります。店の印象が悪いと、味が良くても、次から行きたくない。とお客様は感じるはずです。開業する業種にもよりますが、雇用の質にも十分気を付ける必要があります。そのためには、必ず面接は経営者が行い、その質を見極める事が必要です。人間性が良くても店の方針と反すれば改善できるか聞いてみるのも手段です。

 

吉祥寺の居酒屋を探すなら個室で決める

 

改善できる人間なら仮に採用し、しばらく勤務態度を観察、分析を行うことによって正式に採用する事もできますが、仮採用の当初は勤務態度が良くても、人間です。日が経つごとに慣れて、本性が出てくるでしょう。その本性を改善できるかも雇用には重要です。それでも駄目なら採用を見送っても問題はありません。その店員が原因でお店の未来がかかっているのですから。しかし、改善を求める場合は、絶対に店内で声を出して注意するのも考え物です。お客様が飲食している時に、大声で店員に注意している光景も時々みられますが、お客様はその状況をどう見ているでしょう。良い事だ。と思っているでしょうか。

 

 

 

それは一部のお客様が思っているだけで、大半の客様は嫌な気分になっているのも事実です。お客様に気づかれずに、自然な感じで店員をフォローできるようにすると良いでしょう。そして休憩所などで十分にミスについて改善指示を出します。店員に、なぜこうなったのか意見を先に聞きましょう。その採用する人間性の見極めも経営者にとって重要なスキルです。飲食店などの接待業は言い方が悪いかもしれませんが、「外面」が良い人間に向いている業種とも言えます。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389409/