料理の「売り」を買う

料理の「売り」を買う

 居酒屋である以上、お酒がなければまったくお話にならないというのは明らかですが、しかし、お酒だけ用意すれば成り立つのかといえばそんなことは全然なく、やはり「料理がおいしい」ということこそ、居酒屋にとって最重要ファクターのひとつであると断言できます。

 

 

 

 ただ、そんな自慢のメニューのラインアップの中でも、「特に自信のある料理」が「当店のオススメ」のような形で紹介されているお店が多いと思います。私たち居酒屋ユーザーからすると、どの居酒屋を選ぼうかということについては意外とその選択が難しくなったりしますが、そんなときこそ、その居酒屋のおすすめ料理を参考にして決めるというのも、居酒屋選びの一助になるのではないかという気がします。

 

 もし「しっかりと食べたい」というタイミングであれば、肉中心のメニューに力を入れている居酒屋を選ぶことができますし、逆に「あまりしつこい料理はちょっと・・・」という気分のタイミングであれば、魚介料理に自信があるお店を選ぶこともできます。つまり、お店の「売り」を利用した居酒屋選びに徹するという方法もあるということです。

 

新潟の居酒屋は個室がおすすめ度高い

 

 寒い季節になれば「おでん」や「煮物」のアピールがあるお店を選べばよいでしょうし、昔ながらの「ちょっと一杯」という雰囲気を味わいたいのであれば、「焼き鳥」などをセールスポイントとしているお店ならそういった雰囲気を味わうことができるのではないかという気がします。

 

銀座 ランチ きたいち酒場

 

 お店の「おすすめ」なのですから、失敗の可能性が極めて低くなるという点でも、この方法は有効なはずです。